ログイン  |  新規登録  |
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

ミニカレンダー
前月2017年 6月翌月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
<今日>
Amazon 検索

2006年11月14日(火曜日)

ルリユールおじさん

カテゴリー: - take @ 15時33分14秒

ルリユールおじさん
横長のとてもきれいな絵本です。少女が大切な図鑑を直してもらうためにルリユールの工房を訪ねるというストーリー。ルリユール教室の先生に紹介され、この絵本に初めて接した時は、フランスの本の翻訳物かと思いましたが、作者は日本人です。

出版社である「理論社」には、小学校中高学年向きの表示がありますが、絵、文ともに大人も楽しめます。

ルリユールとは、フランス語でreliure、発音も馴染みがないと、少し難しいです。本を手づくりしますが、本の修理も大事な仕事です。
アメリカにもそういった工房があります。革装の本が多い欧米では、ある程度需要があるのだと思います。ルリユールおじさん


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://eitokusya.com/main/modules/wordpress/wp-trackback.php/13

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

_CM_NOTICE

17 queries. 0.019 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

言語選択
最新ニュースブロック
WordPress 最近の投稿
WordPress カテゴリ一覧
WordPress 月別過去ログ
XFセクションの新着記事