ログイン  |  新規登録  |
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

ミニカレンダー
前月2017年 9月翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<今日>
Amazon 検索

2006年10月30日(月曜日)

香水

カテゴリー: - take @ 15時47分30秒

文春文庫の翻訳で読みました。ドイツ生まれの作家ですが、物語はフランスの香水の話、ドイツでベストセラーになり、23カ国に訳され、あと2作ほどを書いた後、この著者は、小説の舞台にもなった南仏で悠々自適生活をおくっているとのこと。怠け者にはうらやましいかぎりの生活です。香水といえば、ここというグラースも舞台になっています。
生まれながらの天才的な嗅覚をもちながら、自分は一切のにおいをださない不思議な男の怪奇なストーリー。昔ながらの香水の作り方も知ることができて、独特な雰囲気の小説です。
香水 ある人殺しの物語 Das Parfum (パトリック・ジュースキント著)


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://eitokusya.com/main/modules/wordpress/wp-trackback.php/14

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

_CM_NOTICE

17 queries. 0.019 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

言語選択
最新ニュースブロック
WordPress 最近の投稿
WordPress カテゴリ一覧
WordPress 月別過去ログ
XFセクションの新着記事